贈り物

父の日の花宅配

父の日にも花の宅配を多くの店舗が受け持っています。
父の日に花束贈って、お父さんが喜んでくれるのかなと、
考える気持ちは分かりますが、離れて暮らす親子にとって、
父の日に届く花の贈り物は繋がっている想いを再確認できるのではないでしょうか。

父の日の花と言えば白い薔薇が主流と言われていますが、
日本では日本ファーザーズ・デイ委員会の主催により、黄色いリボンを贈るような話も多く、
最近ではそれが合わさったのか黄色の花が主流にもなってきています。

しかしさすがに黄色の薔薇は、
花言葉が「嫉妬」とあまりよい意味ではないために、遠慮されているようです。

そして代わりに人気があるのがひまわりです。
これからの季節に咲くひまわりを鉢植えにしたり、フラワーアレンジメントにしたりしています。
ひまわりは明るい太陽の花で、一家の大黒柱たるお父さんにも相応しいといってもいい、
明るく元気な花です。
可愛い花を求める女性とは違った趣もあって、人気があるといってもいいでしょう。

通販で宅配を頼む場合はより近くの店舗から配送されますし、
事前に予約しているだけあって花がないということはありません。
父の日専用のフラワーアレンジメントなどは黄色を主としたひまわりに、
意味のある花言葉を添えたものが多く、華やかさの中にも芯の通った感じを保ちます。
また父親に面と向かって言えないような言葉を花言葉というものに隠して贈るのもいいでしょう。

例えば「ユリ」は「威厳」という言葉の意味になり、一家の大黒柱たる父親を表し、
「ムラサキツユクサ」の「尊敬しています」を散りばめれば、
「お父さんを尊敬しています」という意味になります。

花言葉の意味は隠したまま渡してもいいですし、さりげなく伝えたい時にはメッセージに
「花言葉がヒントです」とかクイズ風にして添えて考えてもらうのも楽しいのではないでしょうか。
花言葉は花の数だけあり、様々な言葉を隠して伝えるのにはぴったりと言ってもいいでしょう。

子供を育てるのみは、結構お金がかかります。
学費が最も高く、学資保険に加入しているお父さんもいらっしゃいます。
学資保険はこども保険とは違いますが、生命保険のひとつであり、年末調整のときに保険料控除もできるおとくな保険です。
是非お父さんに恩返ししてみてはいかがですか。