贈り物

父の日のおもてなし料理

父の日にお父さんの好物の御馳走でパーティーするのは楽しいものです。
いつもはお酒を控えているお父さんに、プレゼントしたお酒を渡して、
楽しく食事をするのが最大の感謝を込めて行いましょう。

あるメーカーが父の日のおもてなし料理に何を選びますかと、アンケートしたところによりますと、
全体で「お楽しみ手巻き寿司」が24.8%を占めました。
確かに初夏の暑くなる日に、好きな具材を好きに載せて食べる手作り寿司は、いいものですし、
みんなでお父さんのお寿司を作ってあげるのも楽しいでしょう。

次が「ホットプレートで焼肉」が17.1%でした。
寿司の肴が苦手で、肉が好きなお父さんというのもいそうです。
ビールが弾む御馳走です。
ホットプレートでという所がいかにも家族の焼肉という感じです。

そして同率の3位が3つあります。
「旬のかつおでカルパッチョ」「出前でうな重」「がっつりビーフステーキ」が並んで16.2%でした。
かつおやうな重などは初夏の旬の御馳走で、父の日の御馳走には相応しいでしょう。

特にうなぎは最近では高くて土用の日でも食べない人もいますが、
父の日にこれからの夏を乗り切るという意味にもなります。
ステーキは御馳走と言えばステーキという思いか、それとも高級肉をプレゼントして焼くのでしょうか。

最後に入ったのが「夏野菜のてんぷら」で、9.5%でした。
夏は野菜の旬のものも多いのですが、野菜のてんぷらとしたのがネックだったのでしょうか。
御馳走が野菜という感覚が低いと言わざるをえないといってもいいでしょう。
しかし手作りお寿司の具材や焼肉の野菜として置いていても、まったく違和感なく食べるのですから、
美味しくないと考えているわけではなく、主食としてではなく考えられがちになっている
といってもいいでしょう。

これらはあくまで一部の例です。
父の日の御馳走は家族みんなで用意した、
お父さんの好きな食べ物に勝るものはないのではないでしょうか。

学資保険に加入して大学の学費を工面してくれたお父さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
オススメの学資保険はこちらです。

学資保険はファイナンシャルプランナーに相談してもよいですし、各社に資料請求して比較することをおすすめします。