贈り物

子供が贈る父の日プレゼント

子供はお小遣いもたいしてないために、似顔絵や肩たたき券などといった手作りにあふれたものを
用意していますが、お父さんの方もそんな子供の可愛い手作りを心待ちにしています。

少し大きくなりますと、母の日ならカーネーションということが結びつくようですが、
父の日の花というのは浸透していないらしく、また男である父親に花というイメージはないようです。
小さな買えるような小物や母親に聞いて靴下などの実用品を贈るようになっていきます。

その頃のお父さんの意見はといえば、一緒に家族団らんしたいというような
物欲的なものを子供に求めていません。

確かに子供が小学生くらいの時は働きさかりのためにコミュニケーションが少なく、
またたまの日曜日に遊びの計画を入れていないと、あっさりと遊びに行かれてしまいます。
家でのんびりしたいお父さんと遊びたいさかりの子供では意見が合いません。
そこで一緒に過ごすだけでもプレゼントに感じるのでしょう。

また中学生になると反抗期でなければ、ケーキとか食べ物でお祝いしてくれることが多くなるようです。
昔ならば、父親や望むプレゼント1位のお酒が入っていたのかもしれませんが、
今では未成年が買うのが難しくなりました。
作るのに興味がある子供ならばケーキは手作りも期待できます。

ちなみにお父さんの希望も手紙や何か手作り的なものが欲しいという
思春期の子供の心を知りたいものに変化しています。

高校生になりますと、衣料的なものでシャツや小物的なもので
ネクタイやベルト、ハンカチなどが挙げられています。

お父さんの望みは一緒に夜ご飯を食べたいという、再び団らんを望んでいるようです。
これは今度は子供の方が塾や部活、勉強などで忙しくなり時間が合わなくなったためと考えられます。

大学生、社会人になるともうほとんど自立しています。
プレゼントは自分で予算を決めて好きなものを贈るようになるでしょう。

大学の学費は父が学資保険を利用して工面してくれました。
ソニー生命やフコク生命といった保険会社の学資保険は有名ですが、メリットやデメリットを比較して決めたようです。

そして20歳を超えた子供を持つ父親の願いは「一緒に酒を呑みたい」になります。
笑いを狙うのであれば育毛剤を贈り物にしてみるのもおもしろいかもしれません。

学資保険に加入して、子供の学費を工面したり、お父さんは大変ですね。
ソニー生命やフコク生命の学資保険はこちらをご覧ください。