贈り物

父の日に贈る人気の花

父の日に贈る薔薇として有名なのは白い薔薇の花です。
これは父の日の生みの親と言ってもいいソノラ・スマート・ドット夫人が、
亡き父への感謝のパーティーした後に、墓前に捧げた花だからと由来が一番強いです。

健在している父には赤い薔薇を、亡くなっている父には白い薔薇を贈るという説は、
健在している母には赤いカーネーションを、亡くなっている母には白いカーネーションを贈る
という説から習慣づいたのかもしれません。

ちなみに日本では日本ファーザーズ・デイ委員会主催のキャンペーンを行っており、
父の日には「黄色いリボン」を贈るよう推奨しています。

そこで黄色が父の日の色という意味合いも持っているようですが、
さすがに黄色の薔薇の花言葉が嫉妬では父の日には贈りにくいようです。
そういう意味では薔薇よりもひまわりなどといった黄色い花は、
花束にはしにくいけれども贈りやすい花として人気があります。

日本人は余程の花好きでないかぎり、男に花束という発想がありません。
ですから育てるようにという意味も込めて、難しい蘭や胡蝶蘭の鉢植えや、
簡単な観葉植物の鉢植えなどを贈り物に選ぶことも多いようです。
どちらを選ぶかはそれぞれの父の性格にもよるようです。

なかには父に花束を贈っても、活けるためにもそのまま母にあげてしまうから、
なんだか母の日が続くだけのようだという人もいます。

そこで毎年がそうであるならば、いっそうのこと両親に贈るつもりで
やさしいピンクやレッド系の花束などはいかがでしょう。
元々元気な父には赤い薔薇を贈るという説は強いのですから、
選んでも可笑しくはないセレクションではあります。

父の日に贈るのは感謝の気持ちとはいえ、花束だけでは喜んでくれるのかという不安があります。
そこでプレゼントにそっと1倫添えるというのも、粋な贈り方と言えるのではないでしょうか。
父が花が好きで好きな花もあるという人は、その花を中心にした父の日由来の花束を贈りたいものです。

プレゼントには育毛シャンプーや育毛剤はいかがでしょうか。
こちらに育毛シャンプーや育毛剤の違いが書かれていますので、ご覧ください。